田口知子建築設計事務所

リビングダイニング。中庭からは光が差し込む

建設地:東京都世田谷区 構造設計:小西泰孝構造設計 構造:RC造+鉄骨造
用途:住宅 施工:栄港建設 竣工:2016年7月
撮影:井上登写真事務所 敷地面積:175㎡ 延床面積:267㎡

桜の木のある住まい

 隣接するガラス施工会社の社長夫妻とお子様4人の住まいです。 ご高齢のご夫妻の住まいを考えたとき、多世代の同居が快適な住まいがよいと考えました。そのために各々の個室を大切にし、広さや明るさなどを重視して設計しました。隣のオフィスの3階にも、1世帯分の独立住居をリフォームし、結婚されたお子様の家族が住むことも可能なようにデザインしました。 家族の共用部でもあるリビングダイニング・ラウンジは2-3階を連続的に上下につながるようなおおらかな空間とし、子世帯の個室をつなぐ明るいバッファーゾーンとなるように意図しています。 また南北に長い建物に光と風を取り入れるために、中庭やトップライトを設けました。 植物を育てることが趣味のお母様のために、グラスハウス、バルコニー、中庭、屋上など、多様な場所で植物の世話ができる家になっています。 どの部屋にいても空と緑が感じられる、開放的な明るい住宅を実現したいと考えて設計しました。