田口知子建築設計事務所


西側ファサード

建設地:長野県長野市 構造設計:梅沢良三
構造:木造
用途:住宅 施工:守屋建工 竣工:2002年8月
撮影:田口知子
敷地面積:180.6㎡ 延床面積:97.0㎡

長野の家~小さな森を包み込む家

     
家の中に奥行きを感じさせるように家全体をゆるくカーブさせて、半円状に南側の庭を囲いこむ形。
ちょっと不思議な形の家には、山登りが好きなおおらかなクライアントが住む。階段があちこちに7つもあるアンチバリアフリーな元気な家である。
寒い地方にあって快適に過ごせるように、すべての部屋に灯油式のPS暖房機を設置している。そのおかげでリビングを中心に大きな吹き抜けを持つ空間を作っても冬寒くない。冬でも家の中では半袖で過ごせるそうだ。吹き抜けに向かって開く子供室や書斎、キッチンなどが相互に人の気配を交換する。
2つの子供部屋はおのおの3畳しかないが、ロフトベッドや収納によって秘密基地のような楽しい部屋になっている。
南の庭はブナや樫の木を植えた盛り土があり、小さい森に成長するのを待っている。