田口知子建築設計事務所


道路側ファサード

建設地:岐阜県土岐郡 構造設計:梅沢良三
構造:鉄骨造
用途:町の集会所 施工:加藤鉄工 竣工:2000年7月
撮影:田口知子
   

PASSIVE ENERGYを利用する建築の形

この建物は、自然の力を最大限に利用して快適な室内環境を作ることをテーマとしてデザインされた。 まず、南北軸に対して建物のをどのように配置するかを考え、北側と西側に対しては閉じた壁を配置して熱の損出を防ぐと共に、西日による直射日光の熱から建物を守る働きを持たせる。 南面についてはできるだけオープンなガラス窓を配置し、上部には庇を設けて夏の日差しはカットしつつ、冬には日光が最大限に取り入れられるような形状を考えた。 室内側の仕上げとして、熱容量の大きなコンクリートやタイルを用いることで、太陽の熱エネルギーを蓄熱することとともに、壁面と床面については外断熱の2重構造とし、エアコンの空気を流すことで、アクテイブなエネルギーも利用した蓄熱を行って、人体にとって最も快適な輻射熱冷暖房を可能にしている。