田口知子建築設計事務所


屋根伏せ模型

建設地:長野県 プロジェクト:
構造:Rc造
用途:住宅 設計:2005年  
撮影:田口知子
   

CIRCULATION HOUSE~ 循環の家

藤森照信×伊東豊雄が選ぶ住宅セレクション30 コンペ 優秀賞受賞

この家には何種類かの場所がある。季節の移り変わりに従ってさまざまな場所で眠ること、 一日のうつろいを感じながら気持ちの良い場所で食べること、水のゆらぎと一体になってくつろぐこと、地面とのつながりを感じ、風を感じる場所を巡ることで、豊かな身体感覚を深めることを目的にしている。場所には太陽、土、風、石、水、木、という6つの名前をつけ、空間の機能と特徴を呼応させている。 敷地全体を分割して土地利用分布図を作成し、森や菜園といった 外部的な要素と室内部分を同等に扱いながら、風や太陽といった 環境要素に呼応させながら建築を形作る。居住空間は水や熱の 循環装置を配置しながらパッシブエネルギーを最大限使うようにし、住み手が環境に積極的に働きかける装置をあちこちに配置する。 畑で野菜を作りコンポストで堆肥を作ること、雨水利用、地熱利用、蓄熱壁、太陽光発電、などをその循環システムとともに計画する。
それぞれの場で自然の不思議なゆらめきや深い記憶をたどりながら ゆっくりと意識が開かれていくようなしつらえを持った家を作りたいと思った。