田口知子建築設計事務所


2011年GOODDESIGN賞を受賞しました。

建設地:東京都北区 構造設計:梅沢良三 構造:RC造5階建
用途:認可保育園(90名) 施工:第一建設工業 竣工:2011年3月
撮影:ナカサアンドパートナーズ 敷地面積:431.02㎡ 延床面積:853.78㎡

キッズタウン東十条保育園

せかいでひとつの保育園をつくろう

「すべての場所が遊び場であるように」
この建物は、JR所有の土地に民間が建設と運営を行う「JR東日本グループ子育て支援事業」の一環で計画された定員90名の認可保育園である。駅前の限られた面積の土地で規定の保育室を確保するため、RC造の5階建てとなった。
JR駅操車場に隣接し、園庭も確保できない厳しい敷地条件の中で、2階~4階に配置された保育室をできるだけ外部に開きたいと考え、建蔽率に入らないバルコニーを南西側全体に張り出した。また、5階の屋上広場から3階のバルコニーまで、連続する段丘状の屋外遊技場をデザインしている。保育室は階ごとに乳児室、幼児室、遊戯室に分かれており、各階とも段差や水回り・EVコアでゆるやかに分節される。可動収納家具をパーティションとして配置し、ゾーンを作り出すこともできる。
道路側のファサードはプライバシーを守りつつ、子供が覗く窓、通風窓がリズミカルに配置された、ユニークな外観をデザインした。 環境設備として西日を避ける可動式アルミルーバー、夜間蓄熱式ヒートポンプ床冷暖房を設置し、明るさセンサー付き照明やガスヒートポンプエアコンを採用し、電力消費を最大限抑える設備設計を行った。 この保育園が、あらゆる場所で遊び心や好奇心を刺激する環境を提供し、子供の成長と発達に寄与するよう願っている。