免震・耐震・制震の違い|デザイン住宅は東京の田口知子建築設計事務所

田口知子建築設計事務所

地震に強い賃貸住宅づくり~耐震・免震・制震の違い~

賃貸住宅、店舗併用住宅など、事業性のある建築を作る際には、地震対策が欠かせません。万が一に備えて対策するメリットは大きく、尊い命をリスクから遠ざけることにつながります。地震対策として、基本的に抑えておくべき建築技術には、免震・耐震・制震があります。

免震・耐震・制震の違いとは

免震

地面と建物の間にクッションの役割をする免震装置を挟み、地盤と建物を絶縁する方法です。地震の揺れを直接伝えないようにする建築技術となります。建物が地面の揺れより小さくなりますので、家具の転倒や食器類の飛散、躯体損傷の可能性が低いのが特徴です。

耐震

建物自体を補強し、揺れに耐える強度をあげていく方法です。建物の倒壊を防ぐことで、住民や店舗利用者を避難させやすくする建築技術となります。建物の揺れは上層階になるほど強くなりますので、電化製品の転倒や破損、躯体損傷の可能性は高いと言えます。

制震

地震の揺れを吸収する建築技術ですので、東京のように上層階になるほど増幅する高層ビルが多いエリアでは有効と言えます。ダンパーと呼ばれる制震部材を使用し、揺れを軽減させるのが特徴です。家具の転倒や電化製品の破損は高いものの、躯体損傷の可能性は低いです。

いずれも効果的な地震対策となっていますが、重要になるのは地盤です。私達の設計事務所では建築の前に地盤調査をしっかり行っていただくことをお願いしています。

その地盤の特徴、地盤の歴史、地下水位、地質などから、必要な地盤改良、杭工事などを提案し、その上で建築を計画いたします。

災害対策の重要性は今後より大きくなる

災害対策の重要性は今後より大きくなる

昨今頻発している災害を見ていると、建物の強度だけではなく、周辺の地盤、インフラによる被害も無視できない問題として感じられるようになっています。液状化や土砂崩れ、河川の氾濫など、さまざまな災害に備えることが求められています。

先述した免震・耐震・制震という建築技術は、どれも有効な対策ですが、特に免震構造は、それなりにコストがかかります。しっかりと特徴を理解したうえで、コストパフォーマンスを考え、さまざまなリスクを回避しながら、建築の設計を考えていくことが大切です。

耐震性の高い建築を作るには

耐震性の高い建築を作るには

建物を建てる際、一番基本となる考え方が耐震性能です。そのために、私達の設計事務所では、信頼できる構造家に構造設計を依頼し、現場監理も一緒に行います。

基礎を作る前には、地盤の確認を、必ずその場に行って、構造家と一緒に目と足で確認し、杭の打設も厳密に管理します。地盤に問題が出てきたら、地盤改良を行い、現場においても、さまざまな状況に対応できる構造設計を行っています。

建物は、なんといっても基礎が大切です。しっかりとした地盤の上に、耐震性の高い建築を作ることが、私達の使命であり、大切なことだと考えています。

東京で安心して依頼できる設計事務所をお探しでしたら、東京都港区にある田口知子建築設計事務所にお問い合わせください。店舗併用住宅やアパートデザインなど、不動産の有効活用、今ある建築の建替えなど、ご相談に応じます。

設計だけでなく、工事見積もり調整から現場監理、竣工までを継続してサポートするのが業務です。

予算や土地の条件、希望する広さ、要望などにあわせ、柔軟に対応いたしますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

東京で設計事務所をお探しなら田口知子建築設計事務所

事務所名 田口知子建築設計事務所
住所 〒106-0041 東京都港区麻布台1丁目5−6−701
TEL 03-5545-5936
FAX 03-5545-5937
E-mail info@t-taguchi.com
URL https://t-taguchi.com